がんは不治の病ではありません

くも膜下出血を起こすと同時に呼吸停止してしまい、そのまま死亡してしまうというケースが全症例の15%程度を占めています。
この数字を見るだけで、いかに恐ろしい病気であるかが理解できるはずです。
また、くも膜下出血を起こすと同時に亡くなるようなことがなかったとしても、それで安心することはできません。
なぜかというと患者の20%程度に動脈瘤の再破裂が起こっているためです。
この再破裂が原因で死亡してしまう人が非常に多いのですが、再破裂が起こる可能性が高いのは最初の発作が起こってから6時間以内です。
6時間を経過するあたりから徐々に再破裂率が低下していく傾向が見られます。
ですので、大発作の発生と同時に速やかに治療を開始することが、とても重要になってきます。

none

がんを治療する方法について

人間の寿命が延びるに応じてがんにかかる人の人数が増大しています。
遺伝子が変異する病気ですから

現代人の死因となる病気

会社の定期検診がきっかけとなって早期がんが発見されるケースがしばしばあります。
早期のうちはほ

更新ページ一覧

メインメニュー

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© がん All Rights Reserved.